トレーニング

『腰痛』反り腰、ぽっこりお腹の改善法

皆さんこんにちはwork out blog です。

筋トレをしている人で腰痛持ちの人は多いのでは….?またなぜか不自然に下っ腹が出ており、ダイエットをしてもなかなかお腹が凹まない、お尻が出て腰が反っている。

そんな方々へ腰痛、反り腰、ぽっこりお腹の改善方法を紹介したいと思います。

腰痛、反り腰、ぽっこりお腹になりやすい一番の原因何か?

 

まずこの三つに言える最もなりやすい原因は体の柔軟性の不足です。

特に反り腰の人は長時間立っていたりすると太ももの前が張ってきて腰は痛み、お尻は垂れている。このような状態を経験したことがある人は多いかと思います。

これも体の硬さが原因です!!

体が硬いとどのようなことが起こるのか?

  • 血流が悪くなる
  • 骨盤が変形する
  • 姿勢が悪くなる
  • 怪我をしやすい

 

血流の流れの低下によって起こること

まず血流が悪いと代謝が低下し、痩せにくい体質を作ってしまいます。

そして代謝が悪くなると体に余計な水分がたまり、むくんだり冷え性になることがあります。

何より体の疲れを感じやすくなったり首や肩凝りがたまり体全体にダルさを感じさせお通じも悪くなります。

骨盤の変形について

体が硬いと日頃の動きに変な癖ができ骨盤を歪ませたり、前傾したりすることがあります。

骨盤が歪むことにより姿勢が悪くなり猫背、垂れたお尻、下っ腹の出過ぎといった体になってしまいます。

骨盤の変形は体に大きな変化をもたらしトレーニングのパフォーマンスも低下させます。

 

骨盤の歪みを直すにはこの骨盤職人がおすすめです!寝転がるだけで腰回りやお尻の筋肉をほぐし、骨盤をもとの位置へ戻してくれます。腰だけではなく背中や足もほぐせるので体全体のマッサージができます!腰痛持ちの人は絶対買うべき商品の一つです! ⬇︎⬇︎

【期間限定ポイント10倍!送料無料●翌日発送●正規品取扱店】骨盤職人 腰痛やコリ解消に寝ながらマッサージ

価格:7,700円
(2020/10/31 16:25時点)
感想(23件)

ダイエットをしても下っ腹だけ凹まない……?

自分の体を見て顔は丸くないし足も太くない、ぱっと見普通の人の体型に見えるけど下っ腹だけで出ている。このような人はいませんか?

多くの人はお腹に脂肪がつきすぎていると思っているのではないでしょうか。

ではなぜこのようなことが起きるのか?

原因の一つに骨盤の歪みも挙げられます。

そして1番の理由は胃が下垂していることです。

わかりやすく説明すると胃がどんどん下に下がっていき正常な位置にないからです。

胃が下垂する原因は?

  • 腹筋の筋力低下

胃は腹圧によって正常な位置に支えられていますが、普段運動をせずお腹の力が弱くなってしまうことにより下に垂れ下がってしまいます。

  • 暴飲暴食

ストレスが溜まり暴飲暴食をしてしまいがちな人や減量が終え増量期に入るボディービルダーの人など満腹感を得るために食べまくると胃は支えきれなくなり下垂しやすくなります。

また偏ったものばかり食べると消化不良の原因となり胃にどんどん溜まっていきます。とにかくストレスを減らし、満腹感ばかり求めすぎないように注意しましょう。

  • 痩せ過ぎによる腸壁の脂肪不足・栄養バランス低下

女性に多く見かけられることで、痩せたいことばかり考えきるだけ何の食べないダイエットをしている人によくあります。このやり方は絶対におすすめしません。いわゆる食べないダイエットです。

最初のうちはある程度脂肪が減り体重も落ちますが栄養がないため徐々に筋肉や体に必要な成分などが奪われていきます。要は本来あるべき量の筋肉や脂肪までもが減るため胃にも影響してくということです。

しかし栄養バランスのことを考えると必然的に野菜を食べることになります。野菜にはビタミンやミネラルが豊富に含まれており必要な栄養素がたくさん含まれております。腸内環境も整えてくれるので必ず食べるようにしましょう!

マルチビタミンは野菜に含まれているビタミンやミネラルが豊富に含まれているのでおすすめです!腸内環境だけではなくお肌も綺麗にしてくれます!

楽天で最も売れているマルチビタミンはこちら↓

ネイチャーメイド スーパーマルチビタミン&ミネラル(120粒*2コセット)【ネイチャーメイド(Nature Made)】

価格:3,246円
(2020/10/31 15:58時点)
感想(161件) 

胃下垂になると消化不良や便秘、胃もたれ、常にお腹が張っているような症状が起こります。またなかなか痩せない体質を作り見た目もかなりカッコ悪いです。胃下垂にならないために運動や栄養バランスに心がけましょう。

 

改善方法

 

1まずは柔軟性を身につけるためにストレッチを行いましょう!

腰痛、反り腰、胃下垂を予防するには主に

お尻、お腹、足、股関節を柔らかくしてあげましょう。

 

2 弱った腹圧を高めましょう!

ドローイングと言われるお腹を凹ませて30秒ほどキープをする鍛え方や腸腰筋を鍛えるプランク(体幹トレーニング)などが効果的です。腹圧を高めるにはアウターマッスルよりもインナーマッスルを高めることによりさらに効果を得ることができます!

 

胃下垂には倒立が効果的!

 

倒立(逆立ち)をすれば必然的に胃が徐々にもとの位置へ戻っていきます。

逆立ちができない人は仰向けに寝転がりお腹を曲げ、足を挙げるのも効果です!

逆立ちは体幹を強め、筋力アップにも繋がるのでおすすめです。毎朝と寝る前に30〜60秒を目安に始めてみましょう!

基本的な改善方法は….

・ストレッチ ・筋トレ ・食事内容を見直すことです!!

 

 

 

 

 

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。